吉田 首位と44秒2差の12位 50キロクラシカル

[ 2013年3月4日 06:00 ]

距離男子50キロクラシカルで12位となり、ゴール後に雪を叩いて悔しがる吉田圭伸

ノルディックスキー世界選手権最終日

(3月3日 イタリア・バルディフィエメ)
 距離の男子50キロクラシカルを行い、26歳の吉田圭伸(自衛隊)がトップと44秒2差の2時間11分25秒6で12位と健闘した。32歳のヨハン・オルソン(スウェーデン)が2時間10分41秒4で初優勝を果たした。

 2日のジャンプ男子団体(HS134メートル、K点120メートル)で、清水礼留飛(雪印メグミルク)葛西紀明(土屋ホーム)伊東大貴(雪印メグミルク)竹内択(北野建設)の日本は1099・1点で5位に終わった。オーストリアが1135・9点で勝ち、05年世界選手権から続くジャンプ男子団体(五輪含む)の連勝を9に伸ばした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年3月4日のニュース