美香 チップインバーディー沈めて好リズムに

[ 2013年2月21日 21:57 ]

第1ラウンド、1番でティーショットを放つ宮里美香
Photo By スポニチ

米女子ゴルフツアー ホンダLPGA第1日

(2月21日 タイ・パタヤ サイアムCCパー72)
 今季初戦の宮里美は「クラブを替えて初めて(の大会)。アイアンの飛距離が伸びて(距離の)計算が難しかった」と序盤は戸惑いがあったことを明かした。5番(パー4)でボギーが先行。だが、6番(パー4)で15ヤードのチップインバーディーを沈め、リズムをつかめたという。

 3アンダーの内容には「初日にしてはいい」と納得顔。首位を6打差で追う第2ラウンド以降に向け「しっかりスコアを伸ばすことが大事。(過去の大会と比べ)全体的にグリーンが速くなっている。パット次第」とポイントを挙げた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月21日のニュース