IOC リオ五輪準備遅れに懸念「期限に間に合うように…」

[ 2013年2月21日 11:54 ]

 2016年リオデジャネイロ五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会は20日、リオデジャネイロでの3日間にわたる視察を終えて記者会見し、ムータワキル委員長は「期限に間に合うよう緊張感を持って努力を続けなければならない」と準備の遅れに懸念を示した。

 大会まで約3年半となったが、五輪公園や関連施設の建設など膨大な作業が残っており、競技会場は事前のテスト大会までに完成させなければならない。同委員長は「多くのプロジェクトを同時進行で進める必要がある」と指摘した。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月21日のニュース