アームストロング USADAの調査拒否

[ 2013年2月21日 11:17 ]

 禁止薬物の使用を認めた自転車のランス・アームストロング(米国)が、20日が期限だった米国反ドーピング機関(USADA)への調査に応じなかった。USADAへの反発が理由とみられアームストロングの代理人は「自転車界の不正を正す国際的な審判には応じる」とコメントした。

 USADAは昨年アームストロングのドーピング違反を告発し、ツール・ド・フランス7連覇のタイトルを剥奪した。(AP=共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月21日のニュース