高梨沙羅 公式練習で手応え99・5メートル

[ 2013年2月21日 09:49 ]

ノルディック世界選手権公式練習の高梨沙羅

 ノルディックスキーの世界選手権は20日、イタリアのバルディフィエメで開会式を行い、3月3日までジャンプ、複合、距離の世界一を目指す戦いが始まった。21日の距離スプリント・クラシカルから本格的に競技が開始され、日本勢は男子の恩田祐一(アークコミュニケーションズ)と宮沢大志(早大)が上位を狙う。

 22日に本番を控えるジャンプ女子の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)が公式練習し、1回目は97メートルで4位、2回目は99・5メートルで1位の得点だった。ジャンプ男子の伊東大貴(雪印メグミルク)や竹内択(北野建設)らも調整した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月21日のニュース