藤田14番まで3ダウン 降雪サスペンデッドに「びっくり」

[ 2013年2月21日 09:02 ]

1回戦、15番で第2打を放つ藤田寛之。雪のため途中でサスペンデッドとなった

 男子ゴルフの世界選手権シリーズ、アクセンチュア世界マッチプレー選手権は20日、米アリゾナ州マラナのダブマウンテンGC(パー72)で1回戦(18ホール)を行い、藤田寛之は2010年の米ツアー賞金王マット・クーチャー(米国)に14番を終えて3ダウンとリードを許した。雪のため15番途中でサスペンデッドとなり、続きは21日に順延された。

 決着した組はなく、世界ランキング1位のロリー・マキロイ(英国)、同2位のタイガー・ウッズ(米国)はスタートしていない。

 ▼藤田寛之の話 砂漠がこんな雪になるとは思わなかった。びっくりです。出だしはいい流れだったのに、中盤からアイアンショットが良くなかった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月21日のニュース