沙羅好調維持 公式練習で2位の大ジャンプ

[ 2013年2月21日 06:00 ]

ノルディックスキー世界選手権の公式練習に参加したジャンプ女子の高梨沙羅

 20日開幕のノルディックスキー世界選手権でジャンプ女子に出場する高梨沙羅(16=グレースマウンテン・インターナショナル)が19日、イタリアのバルディフィエメで公式練習(HS106メートル、K点95メートル)に臨み「目指すのはメダルだけど、まずはやるべきことをやってベストを尽くしたい」と語った。

 W杯総合優勝を決めた高梨は1回目で93・5メートル、2回目で90・5メートルだったが、3回目では98メートルと2位の飛距離をマークした。2年前に続く2度目の出場で「(大会の)感じは分かっているので、心にゆとりを持って行動できる」と落ち着いていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月21日のニュース