指導者暴力、パワハラ禁止 スケート界徹底

[ 2013年2月21日 06:00 ]

 日本スケート連盟は20日、都内で理事会、強化本部会を開き、社会問題となっているスポーツ指導者による暴力、パワーハラスメントなどの禁止を徹底することを確認した。

 橋本聖子会長(48)は「フィギュア、スピード、ショート(トラック)、それぞれの部門でもう一回チェックしてくださいということ。何かあったらすぐ報告するように指示した」と話した。また、同会長は柔道の暴力問題で「緊急調査対策プロジェクト」のメンバーに名を連ねているが、選手のヒアリングなどについては「プライバシーの問題があるので何も話せない」と繰り返した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月21日のニュース