上原「まだまだ」48位 申ジエがツアー通算11勝目

[ 2013年2月17日 18:01 ]

優勝し、カップを手に笑顔の申ジエ

 米女子ゴルフツアー開幕戦、ISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは17日、キャンベラ近郊のロイヤル・キャンベラGC(パー73)で最終ラウンドを行い、24位からスタートした上原彩子は4バーディー、6ボギーの75とスコアを落とし、通算4アンダーの288で48位に終わった。

 首位タイで出た申ジエ(韓国)が72で回り、通算18アンダーの274で優勝し、ツアー通算11勝目で賞金18万ドル(約1674万円)を獲得した。2打差の2位に66をマークしたヤニ・ツェン(台湾)が入り、トップタイだった15歳のアマチュア、リディア・コ(ニュージーランド)は76と崩れて首位と4打差の3位にとどまった。

 ▼申ジエの話 前に何度もチャンスがあったけれど、なかなか勝てなかった。ついにオーストラリアで勝つことができてうれしい。またここに戻ってきてプレーしたい。

 ▼上原彩子の話 まだまだだなと感じた。こういうドライなコンディションが続くと、それなりの対応をしないと難しい。でも、初日にビッグスコアを出せたのは自信になった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年2月17日のニュース