外国選手に税制の特例適用 英国、陸上のロンドンGP

[ 2013年2月7日 21:59 ]

 オズボーン英財務相は、7日までに7月に開催される陸上のダイヤモンド・リーグ、ロンドン・グランプリ(GP)に出場する外国選手に税制上の特例を適用することを決めたと明らかにした。デーリー・テレグラフ紙が伝えた。

 同紙によると通常の納税額はGPで得られる収入を超えてしまうという。ロンドンGPはロンドン五輪開会式から1年の節目を記念する大会で、五輪2大会連続で男子短距離3冠のウサイン・ボルト(ジャマイカ)を招待するために特例を適用するとみられる。

 ボルトは税制を理由に2009年以来ロンドン五輪を除き英国の大会に参加していないが、ボルトの代理人は出場に向けてボルトらと話し合う方針を示した。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月7日のニュース