日馬1敗キープ 余裕!?朝稽古後に油絵2枚完成

[ 2012年11月21日 06:00 ]

豊ノ島を退けて1敗キープし、意気揚々と引きあげる日馬富士

大相撲九州場所10日目

(11月20日 福岡国際センター)
 日馬富士が気迫の相撲で豊ノ島を一蹴した。立ち合いから右を深く差して前に出ると、土俵際での投げの打ち合いを制した。

 過去の対戦で26勝5敗と圧倒している相手に貫禄を示し「中に入ったら投げるしかなかったから」ときっぱり。前日は前代未聞の騒動に巻き込まれたが、そんな影響は全く感じさせず、この日の朝稽古後には富士山と朝日の2枚の油絵を完成させる余裕も。「残り5日を一日一番集中してやるだけ」とどこまでも冷静だった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年11月21日のニュース