高橋大輔ジャンプ絶不調「よく2位にとどまったなと」

[ 2012年11月3日 21:25 ]

フリーの演技を終え、舌を出す高橋大輔

GPシリーズ中国杯第2日

(11月3日 上海)
 男子フリーで高橋大輔(関大大学院)はジャンプのキレを欠いた。2度の4回転ジャンプはともに両足着氷で、トリプルループは転倒。全体的にスピード感がなく、SP2位の町田樹(関大)に逆転優勝も許した。

 あまりの出来の悪さに「よく2位にとどまったなと思います。自分の中で逆にびっくりしています」と苦笑い。不調の原因は「緊張感だったりいろんなものがうまくかみあわず、一番中途半端な感じになってしまった」ことだという。

 それでも2位は確保し、GPファイナルへのチャンスは十分残る。「次の試合でファイナル行きたいなと思います」と挽回を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年11月3日のニュース