PR:

12年の新弟子数は過去最少 大相撲九州場所、応募1人だけ

 日本相撲協会は31日、九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の新弟子検査の申し込みを締め切り、応募者はわずか1人だった。今年通算の新弟子数は先場所までで55人にとどまっており、年6場所制が定着した1958年以降最少だった昨年の60人を下回ることが決まった。新弟子検査は11月1日で、九州場所初日に合格発表がある。

 年間で最も入門希望者数が多く「就職場所」と呼ばれる春場所の新弟子も今年は34人だけで、義務教育修了が受検資格に定着した1973年以降で最も少なかった。

 日本相撲協会はことし夏場所から新弟子検査の体格基準を緩和。体の小さな希望者に対する運動能力テストを廃止して門戸を開放したが、打開策とはなっていない。

 相撲界は2007年の力士暴行死事件以降、大麻問題や野球賭博問題、昨年の八百長問題など不祥事が続き、新弟子は減少傾向にあった。

[ 2012年10月31日 16:54 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月22日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画