PR:

荒川静香さん 史上最年少スケート連盟理事に

 日本スケート連盟は23日の評議員会で役員を改選し、2006年トリノ冬季五輪フィギュア女子金メダリストの荒川静香さん(30)を新理事に選出した。同連盟によると史上最年少での理事就任となる。任期は2年。橋本聖子会長は「選手の心が分かる人。現場の声を反映したかったので打診した」と話した。

 荒川さんは宮城県出身。1998年長野五輪で初出場し、04年世界選手権で日本人3人目の優勝を果たした。06年春に引退後は、プロスケーターや解説者として活躍している。

 フィギュアで77年世界選手権男子3位の佐野稔氏(57)も新任し、浅田真央(中京大)を指導する佐藤信夫氏(70)は定年で退任した。

[ 2012年9月23日 17:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月18日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画