内村 故郷・長崎県諫早市でのパレードに1万2000人

[ 2012年9月20日 06:00 ]

祝賀パレードで大勢の市民に囲まれるロンドン五輪男子体操の内村航平選手(中央)

 長崎県諫早市は19日、ロンドン五輪男子体操で個人総合の金など計3個のメダルを獲得した同市出身の内村航平(23)の祝賀パレードを市役所周辺で実施した。五輪後初めての故郷への凱旋となった内村が乗ったオープンカーが通ると、集まった約1万2000人の市民らが「おめでとう」と大歓声で出迎えた。

 会場となった商店街のアーケードからあふれるほどの観衆に、内村は「笑顔で声を掛けてもらい、応援してもらっていたことを実感できた。感謝の気持ちは伝えられたと思う」と話した。パレード前には県から県民栄誉賞特別賞が、諫早市からは市民栄誉大賞が贈られた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年9月20日のニュース