エスビー陸上部が廃部 約60年の歴史に幕 瀬古氏「さみしいがやむを得ない」

[ 2012年8月31日 16:54 ]

記者会見でエスビー食品陸上部の廃部を発表し、厳しい表情を浮かべる瀬古利彦・スポーツ推進局局長

 エスビー食品が31日、陸上部を来年3月末で廃部すると発表した。

 都内で会見した瀬古利彦・スポーツ推進局局長は「さまざまな経営合理化策を講じており苦渋の末、廃部することに至りました」とし「経営環境を考えると、廃部もやむを得ない。廃部はとてもさみしいが、新しいところでエスビーの魂を受け継いでいきたい」と話した。。

 1954年(昭29)創部。80年代には大学の有力選手が続々と入部、中村清監督(故人)が率いて全日本実業団駅伝で4連覇を果たした。

 84年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪では長距離種目に複数の代表を送り込むなど、黄金時代を築いた。

 現在は08年北京五輪男子長距離代表の竹沢健介ら6人が所属している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年8月31日のニュース