「手つき不十分」も行事見落として続行

[ 2012年7月15日 06:00 ]

大相撲名古屋場所7日目

(7月14日 愛知県体育館)
 十両の北はり磨と旭日松の一番が、両者の手つき不十分で立ち合い不成立となった。

 しかし、鏡山審判長(元関脇・多賀竜)が手を挙げ合図を送ったのを行司の木村堅治郎が見落とし続行。そのまま北はり磨を押し出した旭日松に軍配を上げた。取り直しでは北はり磨が突き落としで勝利。北はり磨は「相手に申し訳ないけどラッキーと思った」。一方の旭日松は「もう少し早く止めてほしかった」とがっくり。木村堅治郎は「いい相撲に水を差してしまい申し訳ない」と謝罪していた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年7月15日のニュース