一時は首位タイも…小田孔「ショック」最後に力んで池ポチャ

[ 2012年7月7日 17:21 ]

スポニチ後援 男子ゴルフツアー・長嶋茂雄招待セガサミーカップ第3日

(7月7日 北海道千歳市ザ・ノースカントリーゴルフクラブ=7127ヤード、パー72)
 ツアー6勝目を狙う小田孔にとって、痛いミスだった。通算12アンダーの首位タイで迎えた18番(パー5)。「一歩抜けだし、リーダーとなって最終日は最終組で」と、残り250ヤードの第2打でグリーンを狙ったが、あえなく左手前の池に打ち込んだ。

 結局ボギーで3位グループに後退し「池が見えて力んだ。ショック」と顔をしかめた。それでも「1、2打差だったら範囲内。午前中に追いついて、午後に突き放す」と逆転優勝へのプランを描いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース