連日の猛チャージ!石川遼が66マーク、3打差10位浮上

[ 2012年7月7日 16:17 ]

第3日、通算9アンダーで10位の石川遼

 男子ゴルフの長嶋茂雄招待セガサミーカップ(スポニチ後援)第3日は7日、北海道千歳市のザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7127ヤード、パー72)で行われ、27位スタートの石川遼(20=パナソニック)が6バーディー、ノーボギーでこの日ベストの66をマーク。通算9アンダーの207で、首位と3打差の10位に浮上した。

 石川はアウトスタートの1番ミドルをバーディーでスタートし、3番ロングと4番ミドルホールで連続バーディーを取り、早々と通算6アンダーまで伸ばした。さらに6番ミドルでもバーディーとして、一気に通算7アンダーまで上昇。後半も13番ロングと、最終のロングホールでバーディーを奪い、他のホールは手堅くパーセーブでまとめて通算9アンダーに押し上げた。

 通算12アンダーのトップに、68と伸ばした金亨成と70にまとめた李京勲の韓国勢が並んだ。1打差の3位は宮本勝昌、鈴木亨、小田孔明ら5人。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース