さくら55位、桃子は94位 ともに出遅れ…

[ 2012年7月7日 06:00 ]

第1ラウンド、1番でティーショットを放つ横峯さくら

USLPGAツアー全米女子オープン第1日

(7月5日 ウィスコンシン州・ブラックウルフラン=6954ヤード、パー72)
 日本ツアーで賞金女王に輝いたこともある実力者2人は出遅れた。

 3オーバー、55位の横峯は7番のボギー、14番のダブルボギーとも3パットしたとあって「ショットは問題ないのでイーブンパーくらいで回れたと思う。パットを修正したい」と消化不良気味。肩痛を抱える上田は77の94位に「肩は問題なかったけど恐る恐るになってしまった」と切れのいいスイングができなかった。

 ▼1位 C・カー パットがカップに蹴られたのもいくつかあったので、もっとスコアを伸ばせた。でも最高のスタートが切れた。(69をマーク)

 ▼77位 綾田紘子 パットはよく入っているので予選通過を目指したい。(2バーディー、2ボギー、2ダブルボギー)

 ▼106位 馬場ゆかり 私はこのままで大丈夫かと心配になった。(時差ぼけで)前夜は眠れず、つらかった。(序盤の11番から3連続ボギーで78)
 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース