エジプト出身の大砂嵐が熱中症…右肩も痛め満身創い

[ 2012年7月7日 06:00 ]

 エジプト出身で大嶽部屋の西序二段8枚目・大砂嵐が熱中症となり、名古屋市内の病院で治療を受けた。

 部屋関係者によると「38度の熱が出て病院に行った。診察を受けたら軽い熱中症と言われた」という。病院で点滴を受け部屋に戻った。3日には右肩を痛め、申し合いは行っていなかったが、四股やすり足をこなしていた。名古屋場所には出場するとしている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース