石川、松山世代の小袋 最後の日本アマで初の決勝進出

[ 2012年7月7日 06:00 ]

日本アマチュアゴルフ選手権第4日

(7月6日 奈良国際ゴルフ倶楽部=7077ヤード、パー72)
 石川、松山と同世代の小袋が初めて決勝に駒を進めた。

 09年準優勝の伊藤と対戦した準々決勝は「苦しかった。こっちがチャレンジャーの気持ちでした」と1アップで勝利。香妻との準決勝は1番でチップインイーグルを奪うと、終始リードを保ち3&2で制した。今春日大を中退し、8月からのプロツアー予選会(QT)に出場する予定。最後の日本アマは「優勝するつもりで練習をしてきた」と、キャディーの父・和浩さん(49)と頂点を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース