大友 愛娘に「コートに立つ姿を見せたい」

[ 2012年7月7日 06:00 ]

 バレーボール女子日本代表が6日、都内で合宿を公開。最終メンバー12人に滑り込み、2大会ぶりに五輪に出場する大友愛(30=JT)はレギュラー組に入り、軽快な動きを披露した。

 昨年9月に右膝の前十字じん帯を損傷して手術し、5月の五輪世界最終予選には間に合わなかった。だが、真鍋監督は「スパイクが一番速い。竹下とのコンビで決定率を上げてほしい」と日本の弱点であるセンターの攻撃力アップの切り札として抜てき。先発起用が濃厚だ。5歳の長女・美空(みく)ちゃんは親類と一緒にロンドンに観戦に行くことが決まった。「(予選では)何でママは試合に出ていないの?って言われた。また日の丸をつけてコートに立つ姿を見せたい」。指揮官の期待、愛娘の応援を励みに、2度目の大舞台に立つ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース