美香 一つ伸ばして2アンダー、さくらは1オーバー

[ 2012年7月7日 03:45 ]

第2ラウンド、10番でセカンドショットを放つ宮里美香

 女子ゴルフの全米女子オープン選手権は6日、ウィスコンシン州コーラーのブラックウルフラン(パー72)で第2ラウンドを開始した。前日1アンダーの8位からスタートした宮里美香は3バーディー、2ボギーの71とし、スコアを一つ伸ばし2アンダーとした。

 横峯さくらは、イン9ホールで2ボギーの通算5オーバーとしたものの、アウトの最終4ホール連続バーディーとし、70と2つスコアを伸ばし1オーバー。上田桃子はこの日も出入りの激しいゴルフで75と3つスコアを落とし、通算8オーバーに後退。

 メジャー初制覇と2週連続優勝に向け、首位を1打差で追う前日2アンダーで4位の宮里藍は午後1時58分(日本時間7日午前3時58分)のティーオフ。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年7月7日のニュース