野球&ソフト 五輪復帰へ三つの選択肢…競技部長が見解

[ 2012年5月24日 10:58 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)のデュビ競技部長は23日、カナダのケベックで記者会見し、2020年夏季五輪で1競技としての復帰を目指す野球とソフトボールについて、IOCへ申請する際の組織形態として三つの選択肢があるとの見解を明らかにした。

 デュビ部長は「別々の組織で申請するか、統括組織をつくるか、条件が整えばどちらかひとつの組織で申請するかだ」と述べた。同日から始まった3日間の理事会で審議される。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年5月24日のニュース