白鵬5敗も旭天鵬Vに涙「自分の優勝よりもうれしい」

[ 2012年5月21日 06:00 ]

旭天鵬(右)の優勝パレードに出発する白鵬

大相撲夏場所千秋楽

(5月20日 両国国技館)
 白鵬が結びで日馬富士にあっけなく送り出されて、07年名古屋場所の横綱昇進以来、最低の10勝5敗に終わった。初日の安美錦戦で左手人さし指を剥離骨折し「投げだしたい考えがありましたが、絶対に15日間出ることを心掛けた」。

 旭天鵬が優勝したことには「涙が出た。自分の優勝よりもうれしい」と素直に喜び、パレードの旗手を務めた。名古屋場所に向けては「大先輩に勇気をもらいましたから、それをバネに臨みます」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年5月21日のニュース