早大・大迫が5千で初V 400障害は岸本3連覇

[ 2012年5月20日 17:37 ]

 陸上の関東学生対校選手権最終日は20日、東京・国立競技場で行われ、男子400メートル障害はロンドン五輪参加標準記録A(A標準)を突破している岸本鷹幸(法大)が49秒13で3連覇した。舘野哲也(中大)が同B標準を突破する49秒77で2位に入った。

 男子5000メートルは既に1万メートルでB標準を突破している大迫傑(早大)が13分47秒44で初優勝。女子800メートルは真下まなみ(筑波大)が2分4秒57の大会新記録で2年ぶりに制し、女子1万メートル競歩は岡田久美子(立大)が46分58秒94で3連覇した。

 対校得点の男子は日大が4年ぶり21度目、女子は筑波大が20年連続22度目の優勝を果たした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年5月20日のニュース