チーム最多11点も…サオリン守備に不満顔

[ 2012年5月20日 06:00 ]

<日本・ペルー>レシーブをする木村

バレーボール女子ロンドン五輪世界最終予選第1日  日本3-0ペルー

(5月19日 東京体育館)
 エース木村は江畑と並ぶチーム最多の11得点をマークし、勝利に貢献。だが、守備ではサーブレシーブを狙われ、不安定な場面も見られた。

 「もったいないミスが多かった。自分としても悪いわけではないが、いいわけではない」と納得いかない表情。「硬さがあったけれど、1勝したことであしたからは大丈夫だと思う」と次戦へ向けて気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年5月20日のニュース