白鵬 横綱昇進以降最遅勝ち越しも逆転V望みあり

[ 2012年5月18日 06:00 ]

勝ち越しを決め笑顔で支度部屋を後にする白鵬

大相撲夏場所12日目

(5月17日 両国国技館)
 白鵬が琴奨菊を左上手投げで破り、勝ち越した。12日目での給金直しは横綱になってからは最も遅いが、速攻相撲で勝った横綱は「(初日に左手人さし指を)痛めてからは、長い相撲より早い相撲で勝負をつけることを心がけている」と余裕の口ぶりだ。

 稀勢の里が敗れて2差となり、逆転優勝の望みも出てきた。13日目は稀勢の里戦。「横綱の勝ち越しは2桁と心がけている。あしたはそういう意味で大きな一番。勝てば2桁に近づいていく」と気合を込めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年5月18日のニュース