親方株の個人間売買に厳罰化も…除名、解雇辞さず

[ 2012年5月15日 06:00 ]

 日本相撲協会の公益法人制度改革対策委員会は14日、東京・両国国技館で行われ、高額で取引されて問題となっていた年寄名跡(親方株)に関し、協会が一括管理した後に個人間の売買が発覚した場合は厳罰に処す案などが検討された。

 ある委員は「厳罰にしないと困る。違反したら協会を去らないと。除名、解雇?そうでしょう」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年5月15日のニュース