えっ!?まだ土俵割ってないのに軍配上げちゃった

[ 2012年5月12日 07:40 ]

大相撲夏場所6日目

(5月11日 両国国技館)
 三段目の龍勢旺―大翔虎の取組で、勝負が決まる前に行司が軍配を上げて取り直しになる珍事があった。

 龍勢旺が土俵際まで寄ったが、まだ相手が土俵を割っていないのに木村隆之助が軍配を上げてしまった。ビデオで確認して取り直し。結局、龍勢旺が突き落としで勝った。

 木村隆之助は「出たと思った。恥ずかしいです」と神妙な面持ち。陣幕審判長(元幕内・富士乃真)は「出てないから取り直しにした。勢いで上げちゃう部分もある」と説明した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年5月12日のニュース