藤井、若宮組 日本勢対決制して優勝

[ 2012年4月30日 16:55 ]

 卓球のワールドツアー、チリ・オープンは29日、サンティアゴで行われ、日本勢同士の対戦となった女子ダブルス決勝で、藤井寛子、若宮三紗子組(日本生命)が4―1で石垣優香(日本生命)山梨有理(十六銀行)組を破って優勝した。

 男子シングルスで張一博(東京アート)は決勝でガオ・ニン(シンガポール)に1―4で敗れ、準優勝だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月30日のニュース