日本女子が団体戦で優勝 アジア選手権

[ 2012年4月30日 15:51 ]

 柔道のアジア選手権最終日は29日、タシケントで男女の団体戦を行い、日本は女子が優勝、男子が準優勝だった。

 9カ国が参加した女子は57キロ級優勝の山本杏(神奈川・桐蔭学園高)らで臨み、キルギス、韓国、モンゴルを破った。10カ国が参加した男子の日本は、韓国との決勝で2―3で敗れた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月30日のニュース