ビジュアル系ハードラー木村、夢舞台へ前進!B標準突破

[ 2012年4月30日 06:00 ]

女子100メートル障害で優勝し、声援に応える木村文子

陸上織田記念国際最終日

(4月29日 広島広域公園陸上競技場)
 <女子100メートル障害>コケティッシュな笑顔が魅力の木村が、夢舞台にグッと近づいた。

 決勝で13秒04の自己ベストをマークし、五輪参加標準記録B(13秒15)を突破。それでも、「記録はうれしいけど、途中でふらついてしまったので悔しい」と満足感には浸らない。五輪切符がかかる6月の日本選手権に向け、「今よりいい状態にする時間はある」とビジュアル系ハードラーは力を込めた。

 【女子】▽100メートル障害(1)木村文子(エディオン)13秒04(2)鄭恵林(韓国)13秒06(3)紫村(早大)13秒15

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月30日のニュース