18歳榊原、日本人初の女子シングルスカルで五輪出場

[ 2012年4月30日 06:00 ]

女子シングルスカルで五輪出場を決め、表彰台でメダルを掲げる榊原春奈

ボート ロンドン五輪アジア予選最終日

(4月29日 韓国・忠州)
 女子シングルスカルで日本勢初の五輪出場を決めた榊原は「コーチや親、皆さんのおかげで出場できることに感謝したい」と笑顔を輝かせた。

 5位以内で五輪は決まったが「スタートでぶっ飛ばそう」と強気のレースを仕掛けた。ラストで韓国選手の猛追を受けたが、0秒257差でしのいだ。両親ともに元ボート選手。日本が苦戦していた、体重制限のない種目で扉を開いた。

 ◆榊原 春奈(さかきばら・はるな=ボート女子シングルスカル)愛知・旭丘高時代に競技を始め、11年世界ジュニア選手権7位。早大1年。1メートル82、73キロ。18歳。宮城県出身。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月30日のニュース