猫ひろし、五輪ダメ!?国際陸連が居住実績を疑問視

[ 2012年4月13日 06:00 ]

ロンドン五輪の参加資格が疑問視されているカンボジア男子マラソン代表の猫ひろし

 国際陸上競技連盟が、昨年10月にカンボジア国籍を取得して、同国のロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれたタレント、猫ひろし(34=本名・滝崎邦明)の参加資格を疑問視。カンボジア陸連などに説明を求めていることが12日、分かった。国際陸連は今年から国籍変更に関する新規定を設けており、猫のケースはこれに抵触。最悪の場合は五輪出場が認められない可能性も出てきた。

 先月24日にカンボジア・オリンピック委員会からロンドン五輪代表決定の連絡を受けていた猫に“物言い”がついた。国際陸連は過去に国際競技会で代表経験がない選手の国籍変更に関連し、今年から新たな規定を設置。国籍取得後1年が経過していない場合は(1)連続した1年の居住実績(2)国際陸連理事会による特例承認――のいずれかが必要となっていた。

 猫の場合、日本でのタレント活動などで、カンボジアで連続した1年の居住実績がない可能性が高い。さらに、特例として認められるにはカンボジア陸連が申請する必要があるが、国際陸連関係者は「重大かつ意義深い理由がなければならない」としている。

 猫は昨年11月、カンボジア代表として東南アジア大会に参加した実績を持つ。今年2月の別大毎日マラソンでは2時間30分26秒の自己ベストをマーク。代表内定の基準とされた2時間31分台をクリアし、五輪代表に選出されていた。同26日には「世界一練習する」と本番での活躍を誓ったばかりだが、予断を許さない情勢となってきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月13日のニュース