英国はロンドン五輪メダリストに報奨金なし

[ 2012年4月10日 22:23 ]

 英紙デーリー・テレグラフは10日、ロンドン五輪で主要な国内オリンピック委員会が金メダリストに支払う報奨金を報じ、地元英国が唯一ゼロとなった。

 トップはイタリアで11万6075ポンド(約1500万円)、2位がロシアで8万5791ポンド(約1100万円)。300万円の日本は中国に次いで5番目となった。英国オリンピック委員会は「金銭的報酬は選手のモチベーションに大きな影響は与えないと考えている」と説明した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月10日のニュース