英国大臣が五輪選手激励 北島、吉田ら出席

[ 2012年4月10日 19:30 ]

ロンドン五輪、パラリンピックの日本代表内定選手を激励し、記念写真に納まる英国のジェレミー・ハント文化・五輪・メディア・スポーツ大臣(前列中央)

 英国のジェレミー・ハント文化・五輪・メディア・スポーツ大臣が10日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターを訪問し、競泳男子の北島康介(日本コカ・コーラ)、レスリング女子の吉田沙保里(ALSOK)、車いすテニス男子の国枝慎吾(ユニクロ)らロンドン五輪、パラリンピックの日本代表内定選手を激励した。

 ハント氏は2年間の日本滞在経験があるそうで「日本は大好き。英国以外では日本にたくさん金メダルを取ってほしい」と流ちょうな日本語でスピーチ。選手代表としてあいさつした北島は「最高の舞台で戦えることを楽しみにしています」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月10日のニュース