藤原新“社長ランナー”に転身 それでも無収入… 

[ 2012年4月10日 06:00 ]

 ロンドン五輪男子マラソン代表の藤原新(30=東京陸協)が9日、「株式会社藤原新」を3月30日付で設立し、同社の代表取締役社長に就任したことを発表した。自らのマネジメントや営業、広報活動を管轄する会社で、実業団に所属しないプロの無収入ランナーから“社長ランナー”に転身することになった。

 活動は、同社を中心に「アラタ・プロジェクト」が結成され、ニコニコ動画を運営するドワンゴなどの支援企業も決定。ただし、金銭面の支援はなく、関係者によると「引き続きスポンサーを探していく予定」で無収入に変わりないという。藤原社長は「有志の皆さまとともに活動を進めさせていただき、オリンピック当日には多くの国民の皆さまのご声援をいただけるよう精いっぱい努力していきたい」とコメントを発表。17日から約3週間、米国西海岸での合宿を予定しており、本職に磨きをかける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月10日のニュース