7人制代表、6月に初のトライアウト リオ五輪へ基盤

[ 2012年4月10日 06:00 ]

 ラグビー男子7人制日本代表が6月上旬に都内で初めてトライアウトを実施することが9日、分かった。

 日本代表は先のワールドシリーズ第7戦「東京セブンズ」では5戦全敗の最下位に終わり、7人制のスペシャリスト発掘が目的。男子7人制日本代表の太田治チームディレクター(47)と瀬川智広ヘッドコーチ(41)はこの日、リコーを訪れ、トップリーグ各チームに協力を要請するお願い行脚もスタート。瀬川HCは「4年後のリオ五輪に向けて基盤をつくりたい」と話している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月10日のニュース