白鵬、上智大で就活アドバイス「勝つことをイメージしない」

[ 2012年4月10日 06:00 ]

講演会を行う白鵬(右)と日本モンゴル文化協会理事の石河信昭氏

 大相撲の横綱・白鵬(27=宮城野部屋)が9日、上智大(東京都千代田区)で講演会を行い、悩めるエリート就活生にアドバイスを送った。

 横綱は「実学 国際貢献論」の第1回の講演者として登壇し、学生・卒業生約400人に対して国際交流に懸ける思いを熱弁。最後の質問コーナーでは外国語学部4年生の工藤有美さん(21)から「私は就活生。面接で緊張しないためにはどうすればいいですか?」との質問を受け「私は勝つことをイメージしない。良い相撲を取る。自分の持っているものを出し切ること」と答えた。“白鵬教授”の教えを受けた工藤さんは「横綱は相手をにらみつけて相撲を取ると思っていましたが、リラックスされているのだと分かりました。力まない面接に臨みます」と納得した様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月10日のニュース