ミケルソン4度目Vならず…4番で痛恨トリプルボギー

[ 2012年4月10日 06:00 ]

マスターズ最終日

(4月8日 米ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72)
 4度目の優勝を狙ったミケルソンはトリプルボギーが痛恨だった。

 4番パー3でティーショットを左に大きくそらし、ボールが茂みの下へ潜り込んだ。右打ち2回でようやくかき出し、さらにバンカーに入れて6打を叩いた。その後は3バーディーを奪い返して最後まで首位に肉薄したものの、2打差の3位。「バックナインでチャンスを生かせなかった。心底がっかりしてるよ」と疲れ果てた表情だった。

 ▼40位T・ウッズ 最後まで必死で戦ったことは誇りに思う。もっと練習するしかない。(改造中のショットが不調。97年のプロ転向以来マスターズ自己最低成績)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月10日のニュース