第1回式典で7人が日本プロゴルフ殿堂入り

[ 2012年3月27日 06:00 ]

日本プロゴルフ殿堂の殿堂入り式典後、記念写真に納まる関係者

 日本プロゴルフ協会、日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフツアー機構が設立した日本プロゴルフ殿堂が26日、第1回殿堂入り式典を行った。

 顕彰者は故宮本留吉氏、故浅見緑蔵氏、故戸田藤一郎氏、故中村寅吉氏、故小野光一氏、故林由郎氏、小針春芳氏(90)の7人。いずれも草創期にゴルフ界の発展の礎を築いた。式典には顕彰者の親族らが出席。日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「プロゴルファーにとって大きな目標ができた。ゴルフが社会とさらに密着するようになればいい」と意義を語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年3月27日のニュース