小西強化副本部長が辞任 仙台大の部費流用問題で

[ 2012年3月18日 17:41 ]

 日本体操協会の小西裕之ロンドン五輪男子強化副本部長が、副部長を務める仙台大体操競技部での部費流用問題を受けて辞任したことが18日、分かった。渡辺守成専務理事に「協会に迷惑をかけたくない」などと連絡があったという。

 仙台大によると、1988年ソウル五輪の団体総合銅メダリストの小西副部長は、2010年に部費から計200万円を「仮払金」として使い、後で返済した。大学側は「流用ではなく借用」との認識を示している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年3月18日のニュース