高梨沙羅 W杯で日本勢初V!11戦で一人だけ100メートル越え

[ 2012年3月3日 16:12 ]

W杯ジャンプ女子で初優勝を果たし、表彰台で観客に手を振る高梨沙羅

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子の蔵王大会第1日は3日、山形市蔵王で行われ、助走路の状態が悪いなどの影響で2回目が中止となった個人第11戦(HS100メートル、K点90メートル)で、15歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が最長不倒の102・5メートルをマーク、124・9点で日本選手初のW杯優勝を果たした。

 午前の個人第10戦で2位だった高梨は、1回の飛躍の勝負となった午後の第11戦でただ一人100メートルを越え、W杯総合首位のサラ・ヘンドリクソン(米国)ら強豪を抑えて勝った。

 1月の第1回冬季ユース五輪と2月の世界ジュニア選手権の優勝に続いて国際大会を制覇し、2014年ソチ冬季五輪で採用されるジャンプ女子のメダル候補としての実力を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2012年3月3日のニュース