PR:

バレー元女子日本代表監督の米田氏が死去

死去した米田一典氏(2001年撮影)

 バレーボールの元女子日本代表監督で、かつての名門の日立などを率いた米田一典(よねだ・かずのり)氏が26日午後1時42分、肺がんのため仙台市の病院で死去した。61歳。広島市出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。

 広島・崇徳高から法大を経て日立のコーチとなった。女子日本代表でコーチを務め、故山田重雄監督の下で1976年モントリオール五輪は金メダル、84年ロサンゼルス五輪は銅メダルを獲得した。

 代表監督では大林素子選手らを率いた92年バルセロナ五輪で5位だった。2001年5月に経営合理化のため廃部した日立で最後の監督となった。

 05年に高松市で地域密着型の女子のクラブチーム「四国エイティエイツクイーン」を設立。企業スポーツから脱却した新たな運営を模索したが資金難となり、11年に本拠地を仙台市に移転した。最近は療養生活が続いていた。

[ 2012年2月26日 22:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム