×

ツォンガ脱帽「錦織はタフだった 私よりいいプレーをした」

[ 2012年1月23日 16:34 ]

全豪オープン男子シングルス4回戦、第24シードの錦織圭に敗れた第6シードのJW・ツォンガ

 フルセットの末、錦織に敗れた第6シードのJW・ツォンガ(フランス)は、3時間以上の激闘の末、敗れ疲れきった表情で「(錦織は)とてもタフだった」と脱帽した。

 1セット目を奪い、粘ってフルセットに持ち込んだが、自慢のサーブもミスが相次いだ。「いいテニスができず、何もかもコントロールできなかった。彼が私よりいいプレーをした」と口惜しそうに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2012年1月23日のニュース