多くの選手が津波被害…相馬、無念の逆転負け

[ 2012年1月6日 18:06 ]

市尼崎に敗れ引き揚げる相馬の選手

バレーボール全日本高校選手権2回戦 相馬1―2市尼崎

(1月6日 東京体育館)
 男子の相馬は第3セット中盤まで試合を優位に進めながら、ミスが目立って逆転された。要所でスパイクを打ち損じた主将の佐々木は「自分が決めていれば勝てた」と責任を背負い込んだ。

 東日本大震災による津波で多くの選手が自宅を失ったが、逆境からはい上がって全国の舞台を踏んだ。吉田監督は「苦しい状況からここまでやってくれた。選手が努力したと思う」とたたえた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2012年1月6日のニュース