九大ラグビー部 ノロウイルスに感染

[ 2012年1月6日 11:44 ]

 名古屋市は5日、市内の旅館「名龍」に宿泊していた男女13人が3日夜から下痢や嘔吐などの食中毒症状を訴え、全員からノロを検出したと発表した。

 旅館によると、13人は九州大のラグビー部員。名古屋市で開催された全国地区対抗大学ラグビー大会に出場するため1日から宿泊していた。

 調理師3人からもノロウイルスが検出されたが、症状がないという。市は調理師から食事を介して感染したとみて、食品衛生法に基づき、旅館に5日から当面、食事の提供を禁止する処分を出した。

 九大は2日の1回戦で仙台大に勝ったが、4日の準決勝では東京都市大に敗れた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月6日のニュース