竹内択3位 W杯初の表彰台/ジャンプ週間第3戦

[ 2012年1月5日 06:00 ]

ジャンプ週間第3戦で3位に入った竹内択(右)。中央は優勝したアンドレアス・コフラー

ノルディックスキーW杯ジャンプ男子

(1月4日 オーストリア・インスブルック)
 ジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(HS130メートル、K点120メートル)を行い、1日の第2戦で4位になった竹内択(北野建設)が初の表彰台となる3位に入った。

 1回目に131・5メートルの131・2点で3位につけると、2回目は124・0メートルの115・5点と踏ん張り、計246・7点で3位を守った。

 2試合連続表彰台を狙った伊東大貴(雪印メグミルク)は27位に終わり、渡瀬雄太(雪印メグミルク)は25位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年1月5日のニュース